ゆきと病院

動物病院 comments(18) trackbacks(0) なか

  今日はゆきと病院のことをお話ししようと思います。



  ゆきとなつを保護した当時のことは何度かお話ししましたが・・・

  2008年 6月26日 夕方  ゆきを保護


  ゆきの病院&病歴

  2009年  3月   お腹の虫の駆除

  2009年  6月   風邪

  2009年  10月  風邪

  2010年  7月17日  なつを保護

  2010年  7月   風邪

  2010年  8月   風邪&結膜炎

  2010年  12月  膀胱炎 原因はストラバイト

  2011年  6月   避妊手術


  以上、こんな感じです。

  たぶんゆきはお母さんのおっぱいもあまり飲めていなかった

  ように思います。









  とにかく目やにと鼻水がすごくて・・・

  これ以降、季節の変わり目には調子を崩してました。

  この写真のゆきは超ブスでしょ汗

  これでも目が開くようになってきれいになったんですよ。

  ゆきの風邪の症状は夜中に吐くことから始まります。

  食欲がなくなり元気がなく寝てばかりで何度か吐きます。

  それと左目も弱いので目のふちがちょっと赤くなったりも。






  なつを保護してゆきに風邪が感染して病院へ行った時・・・

  歩いて10分かからない保護したゆきを診てもらった病院です。

  あくまでも私の印象ですが、ドクターは超気が弱そうで

  頼りない感じ。 まぁそれはいいのですが、何を聞いても

  はっきりと答えてくれなくてお薬の処方もありませんでした。

  それでも近いという理由でこの時もその病院へ。

  熱があり吐いて食欲もないのでいつものように吐き気止めと

  抗生剤を注射、栄養剤の点滴をしてもらいました。

  その点滴の針を抜くとき事件は起こりました。

  ゆきの背中から無造作に針をというかその手前のチューブの

  部分を持って引っこ抜いたんです怒

  その瞬間、液がゆきの背中からぴゅ~ってでたんです!!!

  もう我が目を疑いましたよ。 ガーゼには血もついてるし。

  震えてくるほど怒りがこみあげてきたのですが、口を開くと

  涙の方が先に出てきそうだったのでそのまま帰ってきましたが

  それ以来その病院には行っていません。






  症状が改善しないので旦那の猫友さんから紹介してもらった

  病院へ行ったら大正解!!! 私が安心できることはもちろん

  ですが、ゆきに対しても優しく話しかけてくれて・・・

  薬と目薬も処方していただいたので目以外の症状はすぐに

  よくなりました。

  歩いて30分くらいかかるのですが遠いのも気にならないくらい。

  この写真はお岩さんみたいに腫れていた目がだいぶ

  よくなった頃です。 まだふちが赤いけどね。

  この後ゆきはストラバイトが原因の膀胱炎になって

  しまいますが、早く気が付いてあげられたことと

  安心して先生にお任せできたので精神的には楽でしたね。
続きを読む >>
  • 0
    • Check
    無料ブログ作成サービス JUGEM