ゆきの大冒険!!!

思い出 comments(16) trackbacks(0) なか
  今日も『嫁』ですブタ



忘れもしません。
3年前、この写真を撮った翌日の11月30日22:30頃
私の不注意から自転車とバイクに驚いたゆきがパニックになり
外に飛び出して行ってしまったんです。
当時のゆきの嫌いなものBest3はバイク・自転車・子供でした。
ゆきは家の中にいるものと思い込み不用意にドアを開けてしまったんです。
すぐに追いかけたんですがあまりに早くて追いつけず、アパートと
一軒家の間の茂みに潜り込んだ途端に猫同士のケンカのような
すっごい声が聞こえてきました。
その日は旦那が夜勤でいなくて朝までずっと泣きながら捜し歩きました。

もう死にたくなるくらいにショックでした。
ゆきを保護して5か月、体重は2.6?。だいぶ大きくなってきたので
首輪をかえようと思っていました。
このままゆきが帰ってこなかったら首輪が苦しくて死んじゃうかも・・・
だいぶ寒くなってきてたし、ゆきがいなくなって3日目と6日目は
雷雨だったし、どこかで震えていると思うとホントに苦しくて。
ゆきがいなくなった夜から眠ることも食べることもできなくなりました。

1週間目に近所の人がウチの前の家にいると教えてくれて
飛び出したんですが私の顔を見たのに声をかけたら逃げちゃって。
もう、いなくなった時以上のショックで・・・

でも神様は私にゆきを返してくれたんです。
12月11日 11:00頃 前の家まで来ていたので
ごはんを勝手口の木戸の手前において待ちました。
最初は私の顔を見て鳴くんですが近寄ると逃げようとするので
もう根気比べです。
ふがふがとすごい勢いで食べ始めた時ようやく捕まえました。



この写真はごはんを食べてお水も飲んでなんとか落ち着いて
寝てくれた時です。
少しやせてうっすら黒っぽくなってて、ゆきを抱くと
ホコリっぽい外の匂いがしました。
もう涙が止まらなくて。嬉しいのに涙が止まらなくて。
翌日は私の誕生日だったんですが最高のプレゼントでした。






翌日、まだ音には敏感に反応していましたが
寝顔は何事も無かったように可愛い顔して寝てました。

11日間のゆきの大冒険!!!
きっと楽しいこともあっただろうけど、不安や恐怖感のほうが
大きかったと思います。
猫もすごいんですね。ウチの中から外をみてるだけだったのに
ちゃんと戻ってきてくれてました。
昼間はともかく毎晩泣きながら懐中電灯を持ってうろうろ
していた私は相当不審者でした。

ゆき 怖い思いをさせちゃってホントにごめんね。
頑張ってお母さんのところに帰ってきてくれてありがとう。
それから・・・
日に日に弱って夢遊病患者みたいになっていく私を
毎日毎日励まして一緒に探してくれた旦那さん。
ホントにありがとうございました。感謝してます。


最後に・・・
長々と私の思い出話を聞いてくださりありがとうございます。
みなさんもこんな思いをすることのないように
気を付けてくださいね猫3
  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      ユウちゃんさん

      こんにちは
      コメントありがとうございます。

      ホント~~に帰ってきてくれてよかったです。
      あの時はすべてのことに感謝でした

      にゃんこってよく見てるんですよねぇ。
      あなどれません
      ちゃんとフォロー&ケアができればいいのでしょうが
      ウチも絶対にだしません

      • なかさん
      • 2011/07/28 2:16 PM

      ゆきちゃん戻って来てくれて良かったですね。

      大冒険してもやっぱり
      なか 嫁さんの事が大好きだから
      ちゃんと戻ってきたんだと思います。

      何処かで怪我をしてないか
      お腹をすかせていないかと
      夜も眠れなくなる気持ち
      凄くわかります。

      うちのプリンも外へ出たがって
      私たちがカギを開け閉めしてるのを
      じーっと観察してて
      ときどき自分でカギを開けるんですが、
      あいにくドアノブが滑るので
      脱走はできませんが、
      やっぱり怖くて外には出してません。

      • ユウちゃんさん
      • 2011/07/28 12:51 PM

      にくきゅうさん

      おはようございます

      ホントに大いに反省をしております

      捕まえた時は私も興奮してたけど、まずはケガがないか
      確かめてごはんとお水をあげて、それからはもう号泣でした。

      ちくわくんだって必死でにくきゅうさんを探しますよ。
      でも、絶対にそういう状況にしちゃダメなんですよね。

      みんなで気を付けよぉ~

      • なかさん
      • 2011/07/28 9:17 AM

      ミカンママさん

      おはようございます

      心ならずもゆきに大冒険をさせてしまいました。

      ミカンちゃんはおりこうさんですもんね。

      あれからはホントに気を付けてます
      ドアや窓の開け閉め、ロックもバッチリです
      もう二度とあんな思いはさせたくないし、したくありません。

      今後も気を引き締めてがんばります

      • なかさん
      • 2011/07/28 9:09 AM

      えみたさん

      おはようございます

      大パニックでした
      昼夜を問わず名前を呼び続けたので、姿は見えなくても
      ちゃんと聞いていてくれたのかもしれません。
      でもかなりの近所迷惑だったと思いますが・・・

      気を付けていたつもりなんですが、慣れというか
      私がゆきに甘えてたんですね
      ホントにゆきには申し訳ないことをしました。

      私達も猫ちゃんも辛くて怖い思いをしないように
      気を付けましょうね

      • なかさん
      • 2011/07/28 9:03 AM

      ひろちさん

      おはようございます

      ゆきもしっかり大冒険をやらかしてくれました。
      といっても私が悪いんですが…

      ひろちさんの前の猫ちゃんも必死だったんでしょうね。
      ホントに怖かったんだと思います。
      ゆきは側溝の水の中にいたんですが、私が思うに
      ゆきは人に捨てられたんだと思います。
      お乳もちゃんと飲んでなかったのでは・・・
      まだまだ小っちゃいのにお乳を飲むときのふみふみを
      したことがありません。
      今でも人と水は大の苦手です

      絶対に私からは離れないし何かビックリすることが
      あってもウチの中に避難していたので、余裕を
      かましすぎました

      人もそうですよね、パニックになるととんでもない
      行動をとることがあります。
      私みたいなバカ親にならないように気を付けて
      あげてくださいね。

      それと残念でしたね。
      また来年、応援がんばろぉ~

      • なかさん
      • 2011/07/28 8:56 AM

      キラりんさん

      おはようございます

      シイちゃんにもそういうことがあったんですね。
      マンションの7階から・・・
      考えるだけでめまいがしますね。
      無事に見つかってホントによかった。

      ゆきにとっても私にとっても辛くて苦しい11日間でした。

      あれからは色々と気を付けています。
      ホントにゆきにはたくさんの事を教えてもらってる
      ように思います。

      今一緒にいられる幸せを改めて感じています

      • なかさん
      • 2011/07/28 8:35 AM

      月さん

      おはようございますぅ  

      ホントにあの時のことを思うと今でも涙がでてきて
      苦しくなります。
      ゆきはほんとにいい子で私が甘えちゃってたんですよね。
      もう、余裕ぶっこいてた自分を呪い殺したいくらいでした

      お天気不安定ですもんねぇ。
      オウチの方が雨降る前でよかったぁ~。
      テラルナちゃん、濡れなくてすんだんですね。
      さん、すっごい心配でドキドキしたでしょ。
      わかるぅ~。
      地球さん間に合ってホントよかった
      ケージの中で逃げ場所がなくて濡れてる姿を想像
      するだけで涙ものです

      ゆきもなつも私と同じでお騒がせなんですよね

      • なかさん
      • 2011/07/28 8:10 AM

      なか 嫁さん こんばんは

      そんな大変なことがあったんですね。

      ゆきちゃんも 思わず外に出っちゃって
      毎日が心細かったでしょうね。

      戻る確率が少ないって言われる中
      よくぞ帰って来てくれましたよね。
      ゆきちゃんは賢い子

      うちは 無理だろーなー

      • にくきゅうさん
      • 2011/07/27 10:23 PM

      お利口さんのゆきちゃんにもそんな大冒険があったのね
      ミカンはどういう訳か玄関から一歩も出ようとしません
      もちろんベランダにも・・・
      ミカンは「超」がつく箱入りですからね~
      それでも気を付けていますが
      ミカン家では家じゅうの網戸にロックかかるようにしてありますよ

      • ミカンママさん
      • 2011/07/27 9:34 PM

      こんばんはっ

      ゆきちゃん、そんなことがあったんですね…
      本当に、大事な我が子が外に出てしまったら…
      怖いです

      私もかなりパニックになりそう…

      ゆきちゃん、無事に帰ってきてくれてよかった!!!
      ママの誕生日前日に戻ってきてくれたのは、ゆきちゃんなりのプレゼントだったのかな??

      改めて、ドアの開け閉めは気をつけたいと思います
      貴重な体験話きかせて下さってありがとうございました!!

      • えみたさん
      • 2011/07/27 9:01 PM

      なかさん こんばんわ
      そうなんですかあ  ゆきちゃんも冒険した時があるんですね
      私の昔飼ってた猫ちゃんは みぞれの降る寒い日の夕方 帰宅ラッシュで田舎なので歩道もきちんとないような道でウロウロ ミーミーと鳴いていたのを勤務先の営業が連れて帰ってきました。
      多分 離乳直後ぐらい・・・
      でも、その日からゴロゴロと私から離れず、もきちんとできて まったく私達家族を困らせることのない子でした。
      多分、1匹でうろついていた時の寂しい 怖いという気持がずっと残ってたんだろうと思います。もう、捨てられたくないって
      ゆきちゃんも すごく心細かったんだと思います。
      だから、余計に 優しいお姉ちゃんなんでしょうね
      でも、やっぱり なか家の愛情があるから帰ってこれたんだと思います。 だって、帰ってこないっていう手段もあるんですもの
      でも、いろんな方の脱走事件を拝見しては、やっぱり他人事じゃなく こちらも泣きながら読んじゃいますよね
      最近 気が緩んできて 今朝でも主人がお風呂のフタもドアも開けっぱなし(お湯はなみなみ)
      気を引き締めました! ありがとです

      • ひろちさん
      • 2011/07/27 8:57 PM

      ゆきちゃんの脱走、大変でしたね。
      いなくなった時のお気持ち、分かります。
      顔面蒼白になりますよね。
      私も以前、シイが脱走してしまい(マンションの7階から)片目が見えないシイが道路に出たら・・・
      もう想像しただけで震えが止まりませんでした。
      幸運にも見つかったんですけど、その時はその場で号泣号でした。
      なかさんもゆきちゃんのいない11日間は地獄のようでしたね。
      でも帰ってきてくれてよかった!!
      猫って賢いんですね。
      帰って来たかったけど、きっと恐怖でパニックになってたんでしょうね。

      今があること、本当に幸せに感じますね。
      ゆきちゃんも家に戻れた時はきっと安心したでしょうね。

      • キラりんさん
      • 2011/07/27 3:06 PM

      今日は。月です。
      今、会社のある場所がゲリラ豪雨で前も見えないくらいです。自宅の窓を全開にしてきたので大あわてで地球に連絡して一旦家に戻ってもらいました(今日は彼が車で出勤してた)。

      幸い、ゲリラ豪雨はまだ自宅の方まで行ってなくて無事でした。ケージの真横の窓を開けてきたので雨が降ったらびしょ濡れになるところでした。

      ということがあって今日のブログを読んで、にゃんこを思うたんの気持ちが痛いほど分かりました。こっちとは全然レベルが違うけどね。心配で夜も眠れなかったって、とってもよく分かります。雨に濡れるくらいのことでさえ、こんなに動揺した自分ですから^^;)

      ゆきちゃんもなつちゃんも、ホントにドラマチックな子たちですね  あ~~ぁ、会社にいるのにすっかり雨で顔が濡れちゃったよ

      • 月と地球さん
      • 2011/07/27 1:01 PM

      おはようございます
      いつもコメントありがとうございます。

      あの時はホントに辛かったんですよね。
      何もかも悪い方向に考えちゃうし

      帰ってきた(捕まえた?)夜、私のそばから離れずに
      初めて朝までずっと一緒に寝たんです。
      寝顔を見ながら何があってもこの子を離さずに
      守っていくことを誓いました。
      ただ、それからは冬の間は毎日腕枕なんですが
      腰や肩が痛くて辛いけど、それも嬉しい痛み・・・
      ってことなんでしょうかね

      • なかさん
      • 2011/07/27 9:51 AM

      ゆきちゃん、なつくんおはようございまーす

      ゆきちゃんにそんな経緯があったのですね・・
      行方不明のゆきちゃんを捜しているママさんの思い・・
      そして、見つかった時のこみ上げる感情・・
      読んでて、それがよく伝わってきました。

      ゆきちゃんも、なつくんもママさんの猫ちゃんに(家族に)
      なった時から何があっても、切っても切れない縁
      だったんだと思います。
      もちろん、これから先も・・




      • こねこさん
      • 2011/07/27 9:38 AM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM